ブログ記事の量産では稼げない!過去の記事を見直す5つのポイント

量産

 

『ブログは記事を量産しないと稼げないんですか?』と疑問に思っている人が少なくありません。

 

 

これは、ブログアフィリエイトで収入を得るには100記事以上は必要と言われているからです。

 

 

 

でも、『ブログの記事を量産しているのにまったくアクセスが伸びない』や『がんばって量産しているのに稼げない』のはなぜでしょう?

 

 

 

ブログを開設してそろそろ1年たつのに、アクセスが増えないのは、それなりの原因があります。

 

 

 

 

ブログの記事は古いいほど検索エンジンからの信用は高いのに、一向に検索順位が上がらない...。

 

 

 

過去の記事を見直していますか?

 

 

 

 

実は、過去の記事を見直して修正すだけでも検索順位が上がることも充分考えられますので、これをやらない手はありません。

 

 

 

今回は、過去の記事を見直すポイントについてお話ししていきます。

 

 

 

価値のない記事を量産しても稼げない

 

少し前までは、ブログアフィリエイトで稼ぐには、とにかく記事を量産ましょうと言われてきました。

 

 

 

実際にそれで稼げていた時期もがあったのも事実です。

 

 

 

でも、Googleなどの検索エンジンの進化によって上位表示の基準が変わってきています。

 

 

 

検索エンジンの進化によって、価値のない記事を量産するだけのブロガーやアフィリエイターは、どんどん淘汰されています。

 

 

 

なのに未だに記事の量産を連呼している情報教材や高額塾が多いようです。

 

 

 

Googleは、検索ユーザーに有益な情報を提供するために、多額の資金を投じて検索エンジンを日々進化させていますので、今後も単なる記事の量産をやり続けていたら、アフィリエイトの世界から消えてしまうのは目に見えています。

 

 

 

つまり、記事を量産するよりも、質の高い有益な記事を書くことこそ検索順位を上げることになるのです。

 

 

 

量産する方がドメインボリュームが増して、多くのキーワードにヒットするのでは?

 

 

 

と考えるのも分かりますが、それ以上に大切なのは

 

・新しい記事を書く際は、読者さんの役に立てる記事を書く。

 

 

・過去の記事を見直して正しく書き直す。

 

と、心がけましょう。

 

 

 

この2点に気を付けながら書いたブログは、間違いなくあなたの資産になりますので、新たな記事を書き進めると同時に、過去の記事も見直しましょう。

 

 

 

ブログのアクセス数が増えてくるには、半年や1年はかかると言われていますので、半年くらい前のに書いた記事を見直すと検索順位が上がりやすくなります。

 

 

 

前置きが長くなりましたが、ここからは過去の記事を見直すポイントをお伝えしていきます。

 

 

 

このポイントは、新たな記事を書く際にも役に立ちますので、一つ一つ抑えていってください。

 

過去の記事を見直すポイント1【ブログのタイトルを見直す】

 

タイトルは、検索ユーザーさんが最初に見る文章なので、タイトルを見て面白くなさそうと思われては、せっかく質の高い記事を書いていたとしても、結局は読まれずじまいになってしまいます。

 

 

 

ここで気を付けたいのは、読者さんの気を引くキャッチーなタイトルになっているかです。

 

 

 

タイトルひとつで読者さんが、『おっ』と興味を持ってくれたり、スルーされることにもなりますので時間をかけてしっかり考えたいところです。

 

 

 

ただ、1つだけ気を付けたいのは、タイトルと記事の整合性です。

 

 

 

タイトルで散々興味を引いておきながら、内容がペラッペラだったら、読者さんは即座に離脱してしまいます。

 

 

 

そんなことをやっていたら、検索エンジンからマイナスの評価をもらうだけです。

 

 

 

では、タイトルを見直す具体的なポイントに入っていきます。

 

狙っているキーワードが入っているか?

 

ブログの記事を書く際に、最初にやるのはキーワードの選定で、そのキーワードに沿って記事の構成を考えていきます。

 

 

 

 

ブログ記事のタイトルは、本の背表紙やお店の看板みたいなものなので、『手に取るか』『店に入ってみるか』などに差が出ます。

 

 

 

 

関連キーワード取得ツールなどで、どのキーワード盛り込むのかを決めてそのキーワードを上手につなぎ合わせてタイトルを作成しましょう。

 

 

 

注意したいのは、キーワードを盛り込むことばかりにとらわれ過ぎて不自然なタイトルにならないようにしましょう。

 

 

 

せっかくキーワードを入れても、意味の分からないタイトルだと読みたいと思いませんからね。

 

 

 

 

既に狙っているキーワードが入っている魅力的なタイトルになっていれば修正する必要はありませんが、もしそうでなければこの記事で何を伝えたいのかを考えながらタイトルの見直しをしましょう。

 

タイトルの文字数は30文字程度にまとめる

 

なぜ、30文字前後にまとめた方がいいのか?

 

 

 

それは、検索結果に表示される文字数が32文字だからです。

 

 

 

つまり、長いタイトルを付けても、32文字以上の部分は...と表示されてしまうからです。

 

 

 

苦労して魅力的なタイトルを考えても、表示されなければタイトルの意味すら理解できないかもしれませんので、タイトルの文字数は30文字前後でまとめた方がいいのです。

 

 

 

しかも、最近はスマホを使って検索している人が増えていますので、スマホ対策としては更に短いタイトルが望ましいでしょう。

 

 

 

できるだけ短くて分かりやすいタイトルで、キーワードもしっかり盛り込んであるタイトルがベストです。

 

タイトルに数字を入れてより具体的にする

 

タイトルを考える際に、色々難しいことはしたくないという人も数字を入れるのは簡単にできますので、ぜひ試してください。

 

 

 

かなり効果があるはずです。

 

 

例えば、

 

 

『ダイエットで効果を出す方法』

 

 

『ダイエットで効果を出す3つの方法』

 

 

いかがですか?

 

 

 

これは簡単な例ですが、上のタイトルよりも下の方がより具体的に感じると思います。

 

 

 

ただし、『3つの方法』と書いたならば記事にその3つの方法を必ず書く必要がありますので、すべての記事タイトルに数字を入れましょうとはいうわけではありません。

 

 

 

記事内のポイントを数値化できる場合には、タイトルに具体的な数字を入れるとクリックしてもらえやすくなります。

 

 

 

過去の記事を見直すポイント1 ブログのタイトルを見直す!

 

 

過去の記事を見直すポイント2【記事の構成は正しくできているか】

 

記事の構成が正しくできているかというのは、狙っているキーワードやタイトルに対して見出しを正しく付けているかということです。

 

 

 

 

見出しは『目次』にも使いますので、記事の最初の部分で大まかな記事の構成が分かるものなので、キーワードとかけ離れた見出しを付けると、『この記事は自分が知りたい情報とぜんぜん違う』と思われて離脱を招いてしまいます。

 

 

 

 

見出しを付けるもう一つの目的は、文章を読みやすくするというのがあります。

 

 

 

 

長い文章を羅列するよりも、見出しや小見出しを付けるだけで、文章のメリハリができて読んでみようかなとなるわけです。

 

 

 

 

さらに、見出しにもキーワードを入れると、目次だけで興味を引くことができます。

 

 

 

 

見出しを付けることで、記事の大まかな構成ができあがりますので、タイトルのキーワードに合った記事の構成を考えましょう。

 

 

 

過去の記事を見直すポイント2 記事の構成は正しくできているか?

 

 

過去の記事を見直すポイント3【記事の冒頭で読者の心をつかめているか?】

心をつかむ

 

記事の冒頭は読者さんの心をつかむ大切な部分です。

 

 

 

記事の書き出しを失敗しただけで、読むのをやめてしまうからです。

 

 

 

一番避けたいのは、何のインパクトもない『単なるあいさつ』です。

 

 

 

ブログ記事の本文は、3,000文字や5,000文字ほどありますので、なかなか最後まで読んではもらえますん。

 

 

 

ただでさえ完読してもらうのが難しい長い文章の冒頭につまらない導入文を書くくらいなら、無い方がマシです。

 

 

 

記事の冒頭で読者の心をつかむポイントは、

 

・キーワードの答えをチラッと見せる。

 

・この記事をも読むことで何を得られるかを見せる。

 

過去の記事を見直すポイント3 記事の冒頭で読者の心をつかめているか?

 

 

過去の記事を見直すポイント4【分かりやすい文章を書いているか?】

 

分かりやすい文章とは、『小学5年生でも理解できる文章を書いているか?』です。

 

 

 

これはすごく重要です。

 

 

 

『このブログは質の高いブログなんだ』と見せたい気持ちから、つい難しい言葉や漢字を使ってしまいがちです。

 

 

 

でも、ブログで情報を得たい人は、その分野の知識がないからわざわざ検索しているわけなので、意味不明な専門用語を使われても理解できず結局離脱してしまいます。

 

 

 

意味の分からない言葉や漢字を検索してまでそのブログを読もうとはしないからです。

 

 

 

また、現代人は忙しい人が多いので、仕事の合間や通勤電車の中などでブログを読む人が多いのですが、わずかなすき間時間を使って読んでいるのに難しい漢字や意味不明な言葉が出てきたら、それ以上読む気なんて起きませんよね?

 

 

 

だから小学5年生でも理解できる、分かりやすい文章を書く方が最後まで読んでもらえる確率が高くなるのです。

 

 

過去の記事を見直すポイント4 分かりやすい文章を書いているか?

 

 

過去の記事を見直すポイント5【記事のデザインが古くさくないか?】

 

読者さんは、第一印象でその記事を読むのか閉じてしまうのかを決めることもあります。

 

 

 

特に女性はデザインなどを重要視する傾向があり、古くさいデザインや装飾の場合すぐに離脱する人が多いのです。

 

 

 

特にファーストビューと呼ばれる、記事を開いた時に最初に表示される『顔』みたいなものなので、特に気を付けたいところです。

 

 

 

記事のデザインは、個性という意味でもライバルと大きく差を付けれる部分でもあります。

 

 

 

また、記事内に画像を配置するのもいい方法です。

 

 

 

『百聞は一見に如かず』のように、何回も読み返すよりも一度見る方が良く理解できるというわけです。

 

 

 

記事の内容と大きくかけ離れている画像では、かえって読み手を混乱させるので、内容に合った画像を配置しましょう。

 

 

また、装飾のやりすぎは逆に読みにくくなる場合もありますので、その点は注意が必要です。

 

 

ブログ記事は量産するだでなく過去の記事を見直そう

 

今回は、『ブログ記事の量産では稼げない!過去の記事を見直す5つのポイント』と題してお伝えしてきました。

 

 

 

先にも述べたように、いくら記事を量産しても価値のないゴミ記事ばかりでは、検索エンジンの進化にはついていけなくなります。

 

 

 

記事は『量より質』です。

 

 

 

闇雲に価値のない記事を量産するくらいなら、少なくても1つ1つのポイントをしっかりおさえた記事の方がはるかに稼いでくれる資産記事になります。

 

 

定期的に過去の記事を見直しましょう!

 

 

アフィリエイトの構築方法を無料でプレゼントします。

 

 

アフィリエイトは、稼ぐ仕組みを自動化すると、365日24時間自分の代わりにお仕事をやってくれるので、自分は毎日好きな事をして過ごせるようになります。

 

 

そこで、私がこれまで実践してきたアフィリエイトのノウハウを、10日間のメルマガ講座で無料プレゼントします。

 

 

 

私自身もこういったきっかけがあったから今でもこの世界にいれるので、今度は私自身が迷っている人の役に立ちたいと思い、無料で公開することにしました。

 

 

もしかすると無料でプレゼントできるのは限定的になるかもしれませんので、興味がおありでしたら早目に受講されますことをお奨めします!

 

10日間の無料メルマガ講座に登録する≫
※登録は苗字とメールアドレスだけでできますし、不要であれば1発で解除もできますので安心してご登録ください。

 

 

本日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。