老後の暮らし

 

AkiraAkira

ブログ職人のAkiraです!(^^)!

 

これから老後を迎える50代にとって、老後破産は深刻な問題になりそうですよね。

 

かずお

今の貯金で老後破産の心配はないのかな?

なな

50代から副業を始めておけば老後破産は大丈夫かな?

 

老後破産しないためには、50代から副業を始めて貧困老人を回避することをおすすめします。

 

『人生100年時代、老後の生活費は年金だけでは足りない。と金融庁が警鐘を鳴らしました。』というニュースは記憶に新しいと思います。

 

それによりますと、高齢者夫婦の生活費に対して年金だけじゃ毎月5万円ほど不足するので、95歳まで生きると2000万円ほど足りないと言うのです。

 

そうならないために『若いうちから投資など自助努力で資産運用を始めるべき。』という内容でした。

 

これからの日本は、国に守ってもらおうなんて考えていたら、老後破産の可能性だってあります。

 

40年以上も働いてきて、これから悠々自適な生活を送れると楽しみにしていたのに、老後破産なんてことになったら打つ手がありませんよね。

 

高齢で就職先を探そうとしてもそう簡単には見つかりませんし、ましてや条件のいい仕事なんてよほどの実績がなければ見付からないでしょう。

 

でも大丈夫です!
経済的にも余力のある50代から副業を始めておけば、老後破産は回避できます。

 

というわけで今回は、老後破産しないために50代から副業を始めて貧乏老人回避するという内容で書いていきます。

 

この記事を読み終わるころには、老後破産しないために備える方法が分かるはずです。

 

そもそも老後破産しないためには生活費がいくら必要か考えたことありますか?

 

一般的に、サラリーマンは60歳で定年を迎え、65歳まで再雇用で働くのが主流になってきています。

 

以前は、60歳で定年を迎え、退職金と年金で悠々自適な暮らしができていましたが、現在は退職金制度をなくしている会社もありますし、年金も65歳からの支給になっていますので、それまで食いつなぐために再雇用制度で仕事を続ける人が多いようです。

 

65歳になり、退職する時点で2000万円以上の貯金があれば不安も少ないんのかもしれませんが、それでも病気になった時の医療費や家族への大きな出費などを考えると不安は尽きません。

 

では、老後の生活にいくらお金が必要なのでしょうか?

老後の生活費は年金以外にいくら必要か?

老後の生活費は年金だけでは足りないと言われていますが、では具体的にいくら必要なのでしょうか?

 

高齢者夫婦の生活費に必要な額は25万円前後と言われています。

 

しかし、これは平均的な統計にすぎません。

 

『老後の生活費がいくら必要なのか?』は、その人が今後どんな生活を送りたいのか、健康なのか、趣味があるのかなどによって大きく違うはずです。

 

例えば、

健康面に問題がなく、年に数回は旅行をしたい人。

今までなかなかできなかった趣味をじっくり楽しみたい人。

 

こういった人は一般的な統計の25万円では足りないはずです。

 

65歳で完全に引退した時点で5千万円以上の蓄えがあれば、それほど気にする必要はないのかもしれませんが、そうでなければ慎ましい生活を送るしかありません。

 

今まで頑張ってきた自分へのご褒美と称して、海外旅行などを続けていたら老後破産してしまうからです。

 

これまで40年以上も理不尽なことに耐えてきて、やっと定年を迎えて悠々自適な暮らしができると思っていたのに、実際には細々と余生を送らなければならなくなるのです。

 

しかも、予定外の支出だって少なくありません。

 

・子どもたちが家を建てる資金を手伝ってと頼まれる。

・孫の学費を手伝ってと頼まれる。

・子どもから借金返済の手伝いを頼まれる。

 

こんなことが起きる可能性は充分考えられます。

 

子どもにとって、頼れる一番身近な存在は親だからですね。

 

『年金生活している自分たちに頼られても…』

 

と思ってもやっぱり子どものことは心配ですから、何とかしてあげなきゃと思ってしまうんですよね。

 

こういったことを考えると、公的年金プラス5万円では悠々自適な老後を楽しむにはほど遠いので、公的年金プラス10万円から15万円ほどはほしいですよね。

 

つまり、豊かな老後を送るには、4000万円から6000万円ほど足りないのです。

老後資金はどこから捻出する?

では、老後資金はどこから捻出するのでしょう?

 

65歳まで会社勤めをした人は、退職金、貯金、年金が老後資金になりますが、最近は退職金制度がない会社もあります。

 

仮に退職金があったとしても、住宅ローンなどが残っている場合はそちらの返済を優先するべきでしょう。

 

もし、貯金が少なく退職金も返済に充てなければならない場合は、年金だけしか収入源がありませんので老後資金を捻出するために何とかして稼ぐしかありません。

 

すぐに頭に浮かぶのは、アルバイトなどの労働収入を得ることではないでしょうか?

 

でも、自分の子どもと同じくらいの若者からアゴで使われるわけですから、かなり辛いですよね…。

 

近頃は、『一億総活躍社会』とともに、『高齢者がいきいきと活躍できる社会の実現』

 

という言葉もよく耳にしますが、高齢者の就職ってそんなに素晴らしいものではありません。

 

老後資金を捻出するために、いやでも働かなくてはならないからです。

老後を国に守ってもらう時代は終わった!

いままで頑張ってきたのに、

『なんでこんな生活を送らなければならないんだ…』

 

とボヤキたくなりますよね。

 

以前のサラリーマンは終身雇用が当り前でしたし退職金も出ていました。

 

その上退職後は年金で悠々自適な生活が送れていた時代です。

 

そういう意味では、老後は会社や国が個人を守ってくれていたわけです。

 

しかし、近年は終身雇用が危ぶまれてきています。

 

2019年4月に経団連の中西会長から、『企業が今後、終身雇用を続けていくのは難しい』という発言があったり、トヨタ自動車の豊田社長からも『終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた』という発言がありました。

 

つまり、終身雇用の時代が終わり、サラリーマンは使い捨ての時代になっていくことを示唆しています。

 

特に50代になると、人件費削減の対象になりやすくなります。

 

これまでの功績など企業には関係ないのです。

 

もしも、
『リストラの対象になり、退職金がなかったら…』と考えると本当にゾッとしますよね。

 

たった1ヶ月の給与をもらっただけで、丸腰で世の中に放り出されるわけですから、どうやって生きていけばいいのか分からなくなるのが当然です。

 

でも、これからの社会は、

・会社は個人を守ってくれない。

・国も個人を守ってくれない。

 

と考えるべきで、

 

結局は、老後は会社や国が個人を守ってくれないのです。

老後破産を回避するために50代から副業を始めよう!

50代からの起業

これまで、老後は会社や国が個人を守ってくれないという話をしてきましたが、老後破産を回避するためには、50代から副業を始めておくことをおすすめします。

 

なぜなら、老後は会社や国が個人を守ってくれないと愚痴ばかり言っていても豊かな生活が送れるわけでもありませんからね。

 

誰も助けてくれないのですから、50代から副業を始めて自分で稼げるようになっておくしかないのです。

 

つまり、老後に備えて50代から副業(複業)を始めておけば、退職後にうろたえることはないということです。

 

副業(複業)と言っても、アルバイトなどの労働収入を稼ぎましょうと言っているわけではありません。

 

これから老後に向けて資産づくりをおすすめしているのです。

50代からアフィリエイトを始めよう!

老後破産しないために、50代からアフィリエイトというビジネスを構築してインターネット上にあなただけの資産を作ることをおすすめします。

 

アフィリエイトは、初期投資が少なく簡単に始めることができます。

 

しかもパソコンやホームページを作るためのHTML言語などの知識は必要ありません。

 

大切なことは、パソコンのスキルを身につけることではなく、お金の稼ぎ方を身につけることです。

 

アフィリエイトを始めるのに、経験は必要ありません。

 

必要なものは、アフィリエイトで稼ぐための正しい知識と、作業をコツコツ継続することです。

 

どんなビジネスでも1から始めるには、自己投資をして知識武装するのが最も大切です。

 

特に50代から始めるアフィリエイトは、手探り状態で始めるだけの時間の余裕はありません。

 

退職までに残された時間を有意義に使い、1日も早くお金を稼ぐ仕組を作りあげなければならないのです。

 

誰だって死ぬまで働かなければならない、貧乏老人にはなりたくありませんよね?

 

老後破産を回避するために50代からアフィリエイトという副業を始めておけば、老後は自由で豊かなものになります。

 

 

できれば自分の生活を、子どもたちに頼りたくはありませんよね?

 

アフィリエイトは、正しい知識を身につけて、正しく作業を継続していけば1年くらいで稼げるようになります。

本日のまとめ

本日は、老後破産しないために50代から副業を始める【貧乏老人回避する】という内容でお伝えしました。

 

人生100年時代、老後の生活費は年金だけでは足りない。

 

高齢者夫婦の生活費に対して年金だけじゃ毎月5万円ほど不足するので、95歳まで生きると2000万円ほど足りなと金融庁が発表しましたが、豊かな老後を送るにはその2倍から3倍は必要です。

 

50代のうちから自助努力をしておかないと、老後破産の可能性があります。

 

老後破産を回避するには、経済的にも余力のある50代のうちから、将来資産になるビジネスを構築してけばいいのです。

 

老後の生活にいくら必要か?

老後の生活費は年金以外にいくら必要か?
・豊かな老後を送るには、2000万円の蓄えでは足りない。

 

老後資金はどこから捻出する?
・貯金が少なく退職金も住宅ローンなどの返済に充てなければならない場合は、年金だけになるので生活費は自分で稼ぐしかない。

 

老後は会社や国が個人を守ってくれない

◆会社を頼りにしていてもいつ切られるか分からない。
・終身雇用の時代が終わり、サラリーマンは使い捨ての時代になった。
◆国を当てにしていても年金では生活できない。
・年金だけでは生活費が足りない。

老後破産を回避するために50代から副業を始めよう!
 
◆老後に備えて50代から副業(複業)を始めておけば、退職後にうろたえることはない。

◆インターネット上に『アフィリエイト』という資産ビジネスを構築する。

◆アフィリエイトは、初期投資が少なく簡単に始めることができる。

◆アフィリエイトは、正しいやり方でコツコツ継続するとで稼げるようになる。

 

という内容でお伝えしました。

 

今回は、年金を受給できることを前提にお伝えしましたが、僕たち50代には年金を払っていない人も沢山いるようです。

 

年金を払っていなければ受給もありませんので、老後破産の確率は更に高くなります。

 

『老後破産』『貧困老人』

 

本当にきつい言葉です。

 

1日も早く自分の力で稼げるようになり、老後破産だけは回避したいものです。

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

おすすめ商材
ブログ職人Akiraが厳選したおすすめ商材だけを紹介しています。

⇒Akiraのおすすめ商材一覧へ

 

ブログ職人Akiraへの無料相談受付中です!

 

 

アフィリエイトにに興味がある方や悩んでいる人向けに無料相談を受け付けています!

 

 

あなたもアフィリエイトで人生を大逆転させたいと思っていませんか?

 

 

もしもあなたが、

 

アフィリエイトに興味があるけどやり方が分からない。

 

ブログの内容で分からないことがある。

 

アフィリエイトで悩みがある。

 

などがあれば、

 

AkiraAkira

ブログ職人Akiraに相談してみませんか?

 

⇒ブログ職人Akiraに相談してみる

 

細かいことでも構いませんので、お気軽に相談してくださいね!

世界中を仕事場にするAkiraのアフィリエイト講座

世界中を仕事場にする

 

アフィリエイトは、稼ぐ仕組みを自動化すると、

 

365日24時間あなたに代わって仕事をやってくれる資産になります。

 

 

その仕組みができあがると、あなたは毎日好きなことをして過ごせるようになるわけです。

 

メルマガに登録していただいた方に、僕がこれまで実践してきた『世界中が仕事場になるアフィリエイト講座』を無料でプレゼントします。

 

僕自身、とても辛い時期にアフィリエイトと出会えたおかげで人生を大逆転させることができましたので、当時の僕みたいな悩みを抱えている人に活用してもらえればと思い、無料でプレゼントすることにしました。

 

あなたがこれから始める『資産づくりの教科書』としてお使いください!

 

⇒ブログ職人Akiraのアフィリエイト講座をのぞいてみる

 

AkiraAkira

ブログ職人Akiraでした (^^)