大学生からブログを始めるメリット!学生時代に稼ぐ仕組を作りあげる【前編】

大学生になると、学費や家賃、そして交友費など何かとお金が必要ですが、それをすべて親に甘えてばかりもいられませんよね。

 

 

 

『少しでも自分で稼げなきゃ』と考えた時、すぐに思いつくのはアルバイトではありませんか?

 

大学生のアルバイト

 

確かにアルバイトをすれば、働いた分の賃金をもらえるので手っ取り早い方法ではあります。

 

 

 

もちろん自分の小遣いくらいは自分で稼いだり、社会に出る前に予備知識を付ける意味でもアルバイトをするのはとてもいいことだと思います。

 

 

 

でも、大学生の期間って4年もありますので、その間に不労所得の仕組みを作っておけば大学生活も卒業後も豊かになりますので、その仕組み作りについてお話していきます。

 

 

 

大学生になったらブログを始めよう

 

大学生にブログをおすすめする理由は、『社会人よりも時間が作れる』からです。

 

 

 

『大学生だって何かと忙しいんだぞ...』と聞こえてきそうですが、

 

社会人と比較すると時間は格段に確保しやすいはずです。

 

 

 

その時間を使ってアルバイトに明け暮れる人もいるでしょうが、私は時間が作りやすい大学生だからこそ、在宅ワークでお金を稼げるブログをおすすめします。

 

 

 

ブログでお金を稼げる仕組を作りあげると、少ない作業でも収入を得られるようになりますが、その仕組みを作り上げるまでには半年や1年くらいはかかります。

 

 

 

この作業を社会人になってから始めようとすると仕事の合間や、仕事が終わってから作業をするしかありません。

 

 

 

でも仕事をしていると、接待や会合などで夜も出なければならない日もありますし、そうでなくても1日働いてクタクタになる日も少なくありません。

 

 

朝から夜まで働いているサラリーマンよりも、大学生の方がブログを書く時間は圧倒的に確保しやすいですからね。

 

 

 

 

ブログは、できるだけ短期間に集中して価値のある記事をたくさん書いた方が読者さんを早く集めれるようになるんですが、社会人が毎日記事を書くってかなり大変な作業なんです。

 

 

 

もうひとつの理由はブログで稼げる仕組みを作ると、卒業後もその仕組みがお金を稼ぎ続けてくれるからです。

 

 

コンテンツを充実すれば、卒業後も就職せずに本格的にブロガーとして更に大きく稼げる可能性もあります。

 

 

 

 

アルバイトを否定するつもりはありませんが、アルバイトは時給いくらで働きますので、先月たくさんシフトに入っていれば給料も多いでしょが、今月は僅かな時間しか入れないなら次の給料は少なくなります。

 

 

 

通常バイトは時給で働いているので、働かない月はまったく収入が無いですよね。

 

 

 

でも、ブログは時給いくらの世界とは違います。

 

たくさん記事を書いたからといって、今月の収入が一気に増えるわけではありません。

 

 

 

逆に、卒業後も大学生時代に書いたブログが稼ぎ続けてくれるのもうれしい理由です。

 

 

 

つまり、ブログはインターネット上に資産を作っているわけで、現役大学生の頃はもちろん、卒業した後も稼ぎ続けてくれるんですね!

 

 

 

稼げる額が数万円だとしても、本業からの収入以外に副収入があるってかなり大きなことです。

 

 

 

また、ブログからの収入が沢山あれば、それだけで生活していくのも可能です。

 

 

そうなると更に自由な時間ができますので、ブログを充実させたり複数のブログを運営すればさらに収益を増やしていけるわけです。

 

 

ブログで稼ぐ方法

 

以上の理由から、大学生の頃からブログを書いて稼げるようになっておけば、社会に出てからも経済的にも精神的にも大きな安心が持てるんですね。

 

 

しかもネットビジネスの収入は青天井と言われるほど限界がありません。

 

 

 

 

大学生時代にコツコツ書き続けたブログは、あなたが社会人になった後も稼ぎ続けてくれる『自動販売機』をネット上に設置しているようなものです。

 

 

 

ブログで稼ぐのがどういう事かはご理解いただけたと思います。

 

 

 

ここからは、ブログで稼ぐにはどんな方法があるのかをお話していきますが、その前にブログは何のために書くのか分かりますか?

 

 

 

その答えは、

 

ブログで読者を集めるのが最大の目的です。

 

 

 

どんな商売も集客ができなければ売り上げにつながらないように、ブログも読者さんが来てくれなかったらビジネスとして成り立たないわけです。

 

 

ブログを書く目的は、たくさんの読者さんを集める。

 

 

 

そして集まっってくれた読者さんに何をしてもらうのか次第で稼ぎ方が変わってきますので、次はその点をお伝えしていきます。

 

広告収入で稼ぐ

 

広告収入とは、自身のブログに広告を掲載して、集まった読者さんがその広告をクリックしてくれたら1回あたり20円前後の報酬が入る仕組みです。

 

 

広告収入を稼ぐ代表的なものは、Googleアドセンスです。

 

 

 

やり方は、まず自身のブログ記事を数十ページ作成してGoogleアドセンスの審査申請をします。

 

 

 

すると数週間ほどで審査の合否判定が出ます。

 

審査に見事合格すればアドセンスのアカウントが発行され、広告収入がスタートするわけです。

 

 

 

 

アドセンスにはものすごい種類の広告が用意されていますが、アドセンス側で広告を選んでくれるので、あなたがどの広告を貼るかなどを考える必要ありません。

 

 

 

つまり、あなたはブログで商品を売りこむ必要はなく、とにかく読者さんを集めることに全力を注ぎ込めば1回の広告クリックで20円ほどの収入になるというわけです。

 

 

 

シンプルな手法ですよね?

 

 

 

では、具体的に稼ぐイメージをご紹介します。

 

 

 

アドセンス広告の収入には、アクセス回数×クリック率(1%)×クリック単価(20円)という計算方法がありますので、稼ぎたい目標額から逆算してアクセス数の目標を設定するのも可能です。

 

 

 

例えば、10万円稼ぎたいなら、10万円÷クリック単価(20円)÷クリック率(1%)=アクセス数(50万回)

 

 

 

つまり、計算上は毎月50万回アクセスされると10万円の報酬が入る仕組みです。

 

 

アフィリエイトで稼ぐ

 

アフィリエイトは、あなたが自身のブログに貼った商品の広告を通じて読者さんが販売サイトへ移動し、実際にその商品を購入してくれた場合に、商品代金の一部が報酬として支払われる仕組みです。

 

 

 

 

広告を貼るという作業は、広告収入型のビジネスと似ていますが、こちらは実際に商品が売れなければ収入になりませんので、集客だけではなく商品知識や商品の特徴を分かりやすく伝えれる文章能力も求められます。

 

 

 

 

ちょっとハードルは上がりますが、商品代の一部が報酬として支払われるので一般的には広告収入よりも報酬単価が上がります。

 

 

 

 

そういった理由もあって、安定して売れるブログを書けるようになれば、毎月50万や100万円の収入を得ることも可能になります。

 

 

 

 

アフィリエイトを始めるには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ )に登録する必要があります。

 

 

 

アフィリエイト・サービス・プロバイダとは、インターネット上で広告主とアフィリエイターの仲介をしてくれるプロバイダで、それぞれの頭文字から、略してASPと呼ばれています。

 

 

 

 

『ASPってピンハネする会社か...』という人もいますが、

 

 

 

 

ASPの存在がなかったら、アフィリエイトで稼ぐのは不可能と理解してください。

 

 

 

なぜなら、もしもASPが無ければアフィリエイターは広告主の企業と直接契約を結ばなくてはなりません。

 

 

 

そこに行きつくためには、個人のアフィリエイターが売れ筋商品を販売している企業へ足を運び、営業する必要があります。

 

 

 

企業側も、アフィリエイターが書いているブログ次第では商品イメージを落とし兼ねませんので、それぞれのブログを審査しなければなりません。

 

これではお互い大変な作業ですよね...。

 

 

 

1つの企業と契約を結ぶだけでもこれだけ大変な労力なのに、何種類も広告を貼りたいと思えば、その分だけ営業しなければならないことになります。

 

これでは現実的ではありません。

 

 

 

だからASPの存在は必要不可欠なんです。

 

 

ASPは目的に応じて使い分ける

 

一口にASPと言っても沢山あるので、どのASPに登録すればいいのか分かりませんよね?

 

 

ASPは目的に応じて使い分けしなければなりません。

 

 

 

しかもASP次第では成果報酬の単価も違いますので、おすすめのASPをご紹介しておきますね。

 

 

物販系のアフィリエイターを目指すなら、A8.net(エーハチネット)というASPに登録しましょう。

 

 

 

A8.netは、日本最大手のASPで、報酬単価も高く取り扱い商品も多岐にわたるのでひとまず登録しておいてください。

 

 

 

ちなみに登録は無料でできますので、その点は安心してください。

 

 

 

A8.netをおすすめする理由の1つに、広告数の多さがあります。

 

 

 

現在の広告主の数は19,000社以上にも及び、文字通り『選び放題』です。

 

 

 

しかもA8.netにはセルフバックという仕組みがあり、自分で購入した商品からも報酬が発生します。

 

 

セルフバックには『商品をブログで紹介しやすいようにモニター的に使ってみてください。』という意味があり、実際に使った感想をブログに掲載することで、読者にナマの声を届けられるわけです。

 

 

 

次に、情報商材のアフィリエイトについてお話します。

 

 

 

情報商材とは、インターネットを介して売買される電子書籍などの事で、物販系のアフィリエイトに比べて報酬単価が圧倒的に高いのが大きな特徴です。

 

 

 

書店に並んでいる書籍に比べ、より深く掘り下げた独自のノウハウ書籍なので、核心に迫る内容の書籍が多く存在し、価格も1万円を超える商品も珍しくありません。

 

 

 

高額商品のうえに、報酬割合が50%ほどある商材も沢山ありますので、1点売れると数千円や数万円といった高額の報酬が発生する商品も数多く存在します。

 

 

 

つまり、短期間で大きく稼ぐには情報教材をアフィリエイトした方が、はるかに効率がいいということですね。

 

 

 

情報商材をアフィリエイトするためにおすすめしたいASPは、infotop(インフォトップ)です。

 

 

 

 

インフォトップは情報商材に特化してるASPなので、情報商材アフィリエイターの多くが利用しています。

 

 

 

 

また、アフィリエイターがインフォトップに登録する際に審査が無いうえに、無料で登録できるので人気も高く気軽に始めることができます。

 

 

 

 

ただ、情報商材と聞くと『怪しい』『詐欺じゃないの?』と思う人もいます。

 

 

確かにネット上には怪しい情報商材がたくさんありますので注意が必要です。

 

 

 

 

その点、インフォトップは安心してアフィリエイトを行えます。

 

 

 

最大の理由は、インフォトップで取り扱いする情報商材は、事前に厳しい審査を受けているからです。

 

 

 

しかも、Cookieという仕組みを採用しているので、読者さんがブログに来てくれた時点で購入しなくても、30日以内に買ってくれたら報酬が発生するようになっています。
※ただし、あなたのブログを見た後に別のブログから購入された場合は無効になります。

 

 

 

 

 

物販系のアフィリエイターを目指すなら
A8.net(エーハチネット)

 

 

 

情報商材のアフィリエイターを目指すなら
infotop(インフォトップ)

 

 

これからアフィリエイトを始めるならば、この2社は登録されることをおすすめします。

 

 

この続きは

 

 

本日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。