住宅ローンが返せない。サラリーマンの現状

住宅ローン

 

先日、NHKのテレビ番組で住宅ローンが返済できない『住宅ローン破綻』の話が放送されていた。

 

 

働き方改革により、残業が減り大幅に年収が下がった

 

 

残業代が減少したことで何か月も住宅ローンを滞納せざるを得なくなった。

 

 

住宅ローンを数か月滞納したため金融機関から数千万円の住宅ローンの残金を一括返済するよう督促を受ける。

 

 

映像制作会社で働くサラリーマン(48)のケース

 

20年前に都心に5000万円で一戸建ての住宅を購入し、毎月のローンの返済は21万円。

 

 

それを母親と姉の3人で返済する事にして、で本人の負担額は6万円。

 

 

住宅を購入した当時は、残業代6万円込みで手取り25万円くらいで、そこから住宅ローン6万円を支払っても貯蓄ができていた。

 

 

しかし、働き方改革により会社から残業時間を規制されたことにより、毎月40時間ほどあった残業が多くても1時間ほどになり、その結果手取りが19万円まで落ち込んでしまった。

 

 

さらに母親が認知症と診断され介護や医療費を姉が負担する事になり、住宅ローンの返済はすべて本人の負担になってしまった。

 

 

結局ローンの支払いができなくなり、5か月間住宅ローンの返済を滞納している。

 

 

金融機関から、ローンの残額2600万円を一括返済するように督促が届き、返済できない場合競売にかけるとの事。

 

 

本人いわく『そもそも基本給では生活が厳しく、残業でまかなっていた。残業しなくても生活できる給金をくれと思います。』と語っていた。

 

 

不動産会社が金融機関と相談し、家の差し押さえを猶予してもらえるようになったため、少しでも高く買ってくれる買い主を探した。

 

 

4か月後2800万円での売却が決定したが、売れたのは購入した時の半値に近い2800万円ほど。

 

 

売却した金額でローンの返済は何とか逃れることができたものの、今後の生活に不安を口にしていた。

 

 

『そのうち孤独死するんでしょうね』と…

 

 

民間の調査では働き方改革による残業代の減少は年間5.6兆円だそうで、1人あたり月額7万円の減少だそうです。

 

 

 

金融機関で働く40代後半のサラリーマンのケース

 

残業代の減少で高年収のサラリーマンも住宅ローン破綻に陥っている。

 

 

以前は毎月70~80時間の残業代を含めると年収が1400万円ほどあった。

 

 

会社からの家賃補助が40代で打ち切りになるため、賃貸に住み続けるよりも持ち家にした方が資産にもなると考え、4年前に8400万円でマンションを購入した。

 

 

その当時、毎月の収入が70万円で住宅ローンの返済が22万円という状況だったので、差し引いても十分余裕のある生活ができると考えていた。

 

 

毎月70~80時間の残業代があることを描いてローンを組んでいたが、働き方改革により残業が無くなってしまったので月収が40万~50万くらい減少した。

 

 

ローンの返済が遅れると、金融機関から年利14%遅延損害金の支払いを請求され、1か月ごとに80万円もの遅延損害金が発生する。

 

 

万が一の時でも高く売れると思い、都心のマンションを購入していたが、売却しようとしても思うように売れず、4年前に8400万円で購入したマンションが7000万円まで値を下げてやっと売れた。

 

 

しかし、1000万円ほどローンが残ってしまい親戚から借金をして返済した。

 

 

そもそもサラリーマンの手取りはこの20年近く減り続けている

 

そもそもサラリーマンの手取りはこの20年近く減り続けているという指摘がある。

 

 

それによると、年収700万円の場合50万円減少しているという。

 

 

社会保険料が上がった事や、子供の扶養控除額の縮小などが原因とみられるとの事。

 

 

役職定年で転職した54歳サラリーマンのケース

 

 

20年前3000万円で一戸建ての家を購入した。

 

 

サービス業の会社で課長として働いていた。

 

 

その当時の収入は月額32万円で、住宅ローンの返済は月額12万円だったが、この状態では貯蓄もできていた。

 

 

しかし3年前、会社から突然役職定年を宣告され、給料は月額10万円も減額された。

 

 

そこで転職を決断した。

 

 

転職ブームということもあり、元の給料と同じくらいの仕事はすぐに見つかると思っていたが現実はそう甘くはなく、なかなか次の就職先が見つからなかった。

 

 

厳しい現実の中、やっと見付かったは清掃会社の仕事で、給料は月額21万円でした。

 

 

やむを得なく奥さんもパートの仕事を始めたが、2人合わせても26万円の収入で、12万円の住宅ローンの返済はできなくなった。

 

 

サラリーマンとしての転職は、20代~40代前半では賃金が増える傾向にあるが、それ以降の転職は収入が下がる場合が多くなる。

 

 

結局、住宅ローンの返済ができず家を売却することになったが、それでも1000万円の借金が残り、高校生の娘から『自分もアルバイトする』という申し出を受ける。

 

 

ご本人いわく『娘には申し訳ないが出るものも出ないので、みんなで協力するしかない』と言われていた。

 

 

営業マンとして働く45歳のサラリーマンのケース

 

老後の貯えと思って4年前から不動産投資を始めた。

 

 

マンションを3部屋所有しているが、1部屋は空いている状態なので住宅ローンの返済のために貯金を切り崩してお金を工面している状況。

 

 

現在、奥さんと2人の子どもと暮らしていて年収は600万ほどあるが、老後の資金に不安を感じていた。

 

 

そんな中、会社の先輩から勧められたのが不動産投資で、都心にあるワンルームマンションを奥さんに内緒でローンを組んで購入した。

 

 

『ここ10年ほど会社からの給料が変わっていない状況で、少しでもそれを補えるならという思いだった。家族のために残せるものは残したい。』と語っていた。

 

 

購入する際に不動産会社から『家賃収入をローンの返済にあてられるので、実質の支出はなく資産が手元に残るので安心です』と説明を受けた。

 

 

実際に3部屋とも入居している状態であれば、家賃収入が25.1万円あり、ローンの返済25.8万円はほぼ家賃収入で返済でき、ローンの返済後は毎月25万円ほどが不労所得になるずだった。

 

 

しかし、買ってすぐに1部屋が空いてしまったので状況なので毎月8万円近くの赤字が続くことになった。

 

国や会社をあてにしても守ってはもらえない

 

守ってもらえない

 

ある調査によると、サラリーマンの基本給では生活に足りないと答えた人が6割にものぼった。

 

 

国は働き方改革なる制度を設けて、国民の生活を安定させようと言っているが、実際には住宅ローンが払えないなど生活することさえも厳しい現状を作り上げようとしています。

 

 

しかも社会保険や税金は上がる一方で、扶養控除額などは縮小されるばかり。

 

 

目立たないところで搾取され続けます。

 

 

収入が増えなければ手取りは減る一方です。

 

 

そこで取るべき行動は毎月の生活費を節約する事をよく言われますし、無駄な出費を控えるのはとても大切なことだと思いますが、生活を切り詰めたり節約する事には限界があります。

 

 

しかも、どんなに頑張って節約しても手取りが10万円や20万円も増えることはありませんよね?

 

 

でも、自分で稼ぐ能力が身に付けば、お金の不安から解消されます。

 

 

老後は国が何とかしてくれるだろうと考えていているならば、それは大きな誤算です。

 

 

年金の受給開始年齢は上がる一方で、受給金額は下がるばかりなので、国をあてにするのはやめにしましょう。

 

 

さきほどの会社員の話を聞いても分かるように、会社は人を都合よく使い、利用価値が無くなればその人の生活がどうであれいきなり役職定年などを突き付けてくることもあります。

 

 

会社に就職すれば定年まで安泰と思っていても、ある日突然丸腰で社会に投げ出される事だってあるのです。

 

 

国や会社をあてにするのはやめにして、自分で稼げる能力を身に付けましょう。

 

 

毎月自動的に収入が入ってくれば、老後の生活も不安に思うことはありません。

 

 

しかも田舎暮らしや海外など好きな場所に移住して楽しく過ごしていけるのです。

 

 

毎月自動的に収入が入ってくれば、老後と言わずそれこそ会社を辞めても不安などはありません。

 

 

毎月自動的に収入が入ってくる仕組み作りを、真剣に学びたいという人のために、無料のメール講座を行っています。

 

10日で身に着く無料アフィリエイト講座
アフィリエイトスタートアップマニュアルの電子書籍を無料プレゼント中です!

 

 

いつまで無料で提供できるかわからないので、興味がおありでしたらお早めにどうぞ。

 

 

 

~ 追伸 ~

 

 

 

自分で稼げる能力を身につけたら、本当に自由な人生が手に入ります。

 

時間の自由

 

・目覚ましに起こされるのではなく、自然と目が覚めた時に起きる。

 

・人生から通勤が無くなり、気が向いたら仕事をして気分が乗らない日は仕事はしない。 

 

・毎日眠たくなったら寝て、自然と目が覚めたら起きる。

 

・カレンダーを気にする事もなく、スケジュール帳や目覚まし時計など、人生を束縛するものと無縁の日常。

 

・わざわざ高いお金を払ってゴールデンウィークや正月休みに長蛇の列に並ぶこともなく、平日からのんびり旅行にいける自由。

 

・行きたいと思った瞬間から旅行に出掛けられる。

 

人間関係の自由

 

・嫌いな人に気を遣う必要などなく、本当に気のあう人とだけ付き合う。

 

・上司の顔色をうかがいながら生きるストレスが人生から消える。

 

・自分にとってマイナスな人と会う必要はこれから先、一生おとずれない。

 

・自分一人で、さらに自分のペースでビジネスができる。

 

・人間関係の煩わしさに悩む必要がなくなる。

 

・自分らしく正直に生きれる。

 

住む場所の自由

 

・パソコン1台とネット環境があれば世界中どこにいても仕事ができる環境。

 

・ネット環境さえ整っていれば世界中のどこにでも移住できる。

 

・通勤の必要が無いので好きな所に住める。

 

・目が覚めてから今日の職場を決められる。

 

経済的な自由

 

・欲しいと思ったら、値段を気にせず買える。

 

・お世話になった人や大切な人に恩返しができる。

 

・稼いだお金でさらに資産を増やしていける。

 

・毎月のお小遣い制からの卒業ができる。

 

・ブログやメルマガが365日24時間稼いでくれるから、寝ている時も遊んでいる時も収入が発生している。

 

・会社や組織に雇われなくても、自分の力でお金を稼げる。

 

 

「自分の力でで稼ぐって難しそう」と思われるかもしれませんが、

 

 

仕組みさえ作り上げると、自宅だろうと海外だろうと遊んでいるときでも自動的に収入が入ってきます。

 

 

毎月自動的に収入が入ってくる仕組み作りを、真剣に学びたいという人のために、無料のメール講座を行っています。

 

10日で身に着く無料アフィリエイト講座
アフィリエイトスタートアップマニュアルの電子書籍を無料プレゼント中です!

 

 

いつまで無料で提供できるかわからないので、興味がおありでしたらお早めにどうぞ。