40代・50代の仕事観!このままでは終わりたくない

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

40年や50年生きてきた方ならば、自らの人生を振り返るといくつもの節目があったと思います。

 

学生から社会人への節目、20代から30代への節目、30代から40代、40代から50代へと年代ごとの節目もその1つではなかったでしょうか?

 

学生から社会人への節目の時は、これから社会の一員として活躍できる人間になるんだと希望に満ち溢れていたのではないでしょうか?

 

新入社員

 

それから10年前後で迎える30代、それまでは仕事を覚えるために必死に頑張ってきたおかげで仕事にもだいぶ慣れてくる頃です。

 

新人から少しずつ成長して、自分一人でも仕事ができるようになってくると、上司や同僚への不満が芽を出し始めます...

 

 

40歳の節目で思うこと

 

30代から40歳になる年は人生の大きな節目と言われています。

 

学生から社会人になり、20代30代と過ごす中で、失敗や小さな成功など色んな経験を積んで迎える40歳。

 

 

 

 

社会人になりたての頃は、先輩や上司の言うことに何の疑いも無く、100%正しいと信じて言われるがままに仕事をしていましたよね?

 

それから少しづつ仕事にも慣れて、自分でも仕事の判断が付くようになってくると、上司の言っていることが間違っていたり、凄く理不尽な事を言われているのが分かるようになります。

 

 

 

 

そんなことが頻繁にあると、『このままこの仕事を続けていくべきなのかな?』『こんな会社いつか辞めてやる』などと考えるようになり、早い人はこの辺りで独立する道を選びます。

 

 

 

でもすべての人がそうではなく、本当は今すぐにでも辞めたいけれど、家族の生活や子どもの教育費などを考えると今すぐというわけにはいかない...

 

けれど転職するなら早い方がいい...

 

そんな悩みを抱えていた人も多いようです。

 

 

 

もちろん、何の不満もなくサラリーマンを続けてこれた人には無関係のことですけれど!

 

50歳の節目で思うこと

 

30代後半から40代くらいになると、会社から役職をもらう人も増えてきます。

 

『主任、係長、課長、次長、部長、本部長、執行役員、役員』

 

などの役職です。

 

 

 

 

会社によってどこからが管理職扱いかの違いはあると思いますが、管理職になると残業手当などの支給が無くなってしまいます。

 

 

 

なぜかと言いますと、

 

管理職には、時間の管理などの裁量権を与えられるのと、残業代の代わりに役職手当が増えるので『管理監督者へは時間外手当を支払わなくても良い』と労働基準法で定めているからです。

 

 

 

会社の組織で、1つの部署やその中の課を任されたわけですから、当然会社からの信頼や期待は大きいですよね。

 

サラリーマンをしていれば、役職が上がって出世することは嬉しいことですよね!

 

実際に私もそうでした。

 

 

 

辞令を受け取った日には、舞い上がった気持ちを抑えながら家路を急ぎ、自慢げに家族に見せたものです。

 

 

 

会社で管理職に就くというのは、経営側の立場になるという事ですから、それなりに重圧はありましたが、それ以上のやる気がみなぎっていました。

 

 

 

しかし、今になってよくよく考えてみると、管理職ってうまく考えたなと思います。

 

当然、会社の組織活動なんて社長一人でこなせるものではありませんので、各部署の責任者にその業務を託されます。

 

仕事を託された管理職は、自分が統括する部署内で継続して確実に成果を出さなければなりません。

 

そのためには部下の協力は不可欠ですよね。

 

 

 

 

しかし、部下たちが自分の意のままに動いてくれるとは限りません。

 

その日に終わらせないといけない仕事があれば深夜まで残業してでも業務をこなさなければいけませんが、やはり中には非協力的な人もいますよね。

 

そんな状況で仕事が片付かなければ、管理職である自身も部下と一緒になって夜中まで業務をこなさなければなりません。

 

 

 

 

管理職だから当然でしょ!

 

と言われてしまえばそうなんですけど...

 

 

 

 

管理職になれば何時間残業しようと時間外手当は付きませんよね!

 

それが1日や2日の事ならともかく、1ヶ月毎日残業しても時間外手当は1円だってもらえないわけですからね。

 

しかも、結果が出なければ管理者としての指揮・統制不足を問われることになります。

 

これでは気が休まる時が無いですよね?

 

 

 

 

それでも『おまえの役職は経営側の立場なんだからもっとしっかりしろ』と怒鳴られる事だってあります。

 

『手当も無いのに毎日残業をして、下手すれば休日だって返上して仕事しているのに、ふざけるなー...』

 

って言いたくもなりますよね。

 

 

 

それでも40代の多くは会社を辞められない大きな理由があります。

 

子どもの学費などの教育費があるからです。

 

 

 

 

 

20代で結婚して子どもが生まれた場合、40代では子どもも高校生や大学生になっていますので、子育て期間中で最もお金がいる時期です。

 

そんな時に会社を辞めるなんてなかなかできないですよね?

 

今務めている会社よりも好条件で転職できたり、起業して大成功できる保証があればすぐに辞表を出せますが、そんな人は居たとしてもごくまれな話しです。

 

 

 

そんな理由から、何としても歯を食いしばって乗り超えるしかないですよね。

 

 

50代で訪れる役職定年

役職定年

 

40代は会社の中でもそれなりのポジションをもらって、『自分のため、家族のため、会社のため』と必死に頑張る時期でもありますが、ふと気付くと『自分の人生は既に折り返しているじゃないか』となりかねません。

 

 

 

やっと子育てが終わって、ホッと一息つくと既に50代に入っていますので、このままサラリーマンを続けるのか、それとももう一度奮起して独立起業を目指すのかの節目を迎えますよね。

 

もしこのままサラリーマンを続けるとすれば、次に待ち受けるのが『役職定年』です。

 

 

 

 

会社によって定めてある年齢になると、能力や貢献度にかかわらず、一方的に管理職の役職を解任されてしまうんです。

 

役職定年になっても定年まで働き続ける事は可能かもしれませんが、今まで部下だった人が上司になったり、これまでとは全く畑違いの職場に異動させられたりなんて耐えられませんよね。

 

 

 

 

中には、役職手当だけ外してそれまでと同じ業務を強要する会社だってあるようです。

 

 

 

 

役職定年後も定年まで働き続けるには、考えておかなければならないもう1つの大きな事があります。

 

それは退職金です。

 

 

 

役職が外れているから、当然退職金は減額になりますよね!

 

これまで懸命に会社に貢献してきたのに、退職が近づくといきなりそんな仕打ちを受けるなんて本当に理不尽としか言いようがありませんよね。

 

 

 

 

できればそうなる前に決断をした方がいいと思います。

 

起業するなら早い方がいいんです。

 

 

50代からでも起業は遅くはない!

 

50代にもなれば再就職先を探しても、まともな職場はなかなか見つかりませんよね?

 

それは誰だって同じことです。

 

 

 

 

就職先が見付からないからそのまま会社にいるのか、それとも思い切って会社を辞めて企業するのか?

 

大きな決断です。

 

 

 

 

50代ともなれば、これまで積み重ねてきた経験や知識もあってそれなりにプライドも高いですよね?

 

それもあってものすごい葛藤があるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

このまま会社に残ってもまともな仕事はできないし、給料は減額されるし退職金だって...

 

かと言って別の会社に再就職するにも好条件の仕事は見つからないし、今更一から務めるのもできない。

 

 

 

 

そうなると残る選択肢は1つだけしかありませんよね。

 

これまで積み重ねてきた経験や知識を生かして起業てしまえばいいんです。

 

 

 

 

起業するには早いに越したことはありませんが、50代からの起業だって遅くはありませんよ!

 

 

今更、多額の借金をして起業するのか?

借金

 

一般的に起業すると言えば、多額の初期投資をして設備投資をしたり店舗を構えたりしますが、もしその額が数千万円にもなったら退職金は全額投資して、更に借金までして始めなければなりませんよね。

 

 

それでもその事業がすぐに軌道に乗れば問題ないのですが、それってある意味バクチみたいなものでもあります。

 

もし賭けが外れて、軌道に乗せるのに多くの時間がかかったり、万が一日の目を見る事なく倒産でもしてしまったら、日々の生活や老後の生活は破綻してしまいますよね...

 

 

 

 

 

現代は、現役の頃にある程度裕福な暮らしをしていた人も『老後破産』する時代だと言われています。

 

それなのに、退職金はすべて起業するときに使い果たしているし、その上借金まで残っていたらもうどうする事もできませんよね?

 

 

 

 

 

こんな事ならみじめでも会社に定年まで残っておけば良かった...と後悔しても今更どうにもなりません。

 

何十年も会社に束縛されて頑張ってきたのに、自由な老後も送れないなんて辛すぎますよね?

 

 

 

 

 

そうならないための起業方法があります。

 

それは、ネット環境とパソコンさえあれば始めれる『アフィリエイト』というお仕事です。

 

 

 

 

 

しかも、50代で退職してから始めるのではなく、30代や40代から副業として正しくアフィリエイトビジネスを構築しておけば、40代や50代になる頃には自分でお金を生み出す能力が身に付いていますので、役職定年など待たずに辞表を出すことだって可能になるんです。

 

 

 

アフィリエイトの大きな特徴は、一般的な起業に比べて初期投資や毎月の経費が凄く低いんです。

 

初期投資は、パソコンを新規で買いそろえても30万円もあれば始めれますし、毎月の経費も2万円ほどで済みます。

 

 

 

 

 

だから、アフィリエイトは参入障壁が低く、誰でも始める事ができるビジネスで、それこそ50代だろうと60代だろうと充分可能です。

 

ただ、1つだけ誤解のないようにお伝えしておきますが、アフィリエイトは『誰でも簡単に始める事ができるビジネスではありますが、誰でも簡単に成功できるビジネス』ではありません。

 

 

 

 

 

正しい知識を身に付けて、正しい手順で作業を進め、稼げるようになるまで継続できた人だけが稼げるようになるビジネスです。

 

とは言え、とても複雑で難しい事をするわけではなく、一番重要なことは『正し手順で継続する』ことなのです。

 

つまり、正しい手順で作業を継続しても、お金を稼げるようになるまでには半年や1年くらい時間がかかるわけです。

 

 

 

 

その時期を乗り越えて稼げるようになれば、あとは収入の自動化を進めていけば、自由で豊かな人生を送ることができます。

 

自由で豊かな人生とは、何者にも束縛されない圧倒的に自由な人生です。

 

 

時間の自由

 

・人生から通勤が無くなるので目覚ましも不要になり、気が向いたら仕事をして気分が乗らない日はお休みにする。 

 

・カレンダーを気にする事もなくなるので、予定表などんの人生を束縛するものからサヨナラおさらばできる。

 

・わざわざ高いお金を払ってゴールデンウィークや正月休みに長蛇の列に並ぶこともなくなる。

 

・行きたいと思った瞬間から旅行に行ける。

 

・飽きるまで大好きな趣味に没頭できる。

 

 

人間関係の自由

 

・嫌いな人に気を遣う必要が無くなり、気の合う仲間とだけ付き合えば良くなる。

 

・上司の顔色を伺う必要が無くなる。

 

・自分にとってマイナスな人とは一生会う必要がない。

 

・自分一人でビジネスができる。

 

・人間関係の煩わしさに悩まなくてよくなる。

 

 

住む場所の自由

 

・パソコン1台とネット環境があれば世界中どこにいても構わない。

 

・ネット環境がある所なら世界中のどの場所へでも移住できる。

 

・通勤の必要が無いので好きな所に住める。

 

・今日の職場は目が覚めてからだって決められる。

 

 

経済的な自由

 

・値段を気にせずに欲しい物を買える。

 

・お世話になった人や大切な人に恩返しができる。

 

・稼いだお金でさらに資産を増やしていける。

 

 

このような圧倒的自由な暮らしが実現できると考えています。

 

 

 

 

40代や50代でこのままでは終わりたくないと考えているあなたも、一度アフィリエイトの世界をのぞいてみませんか?

 

 

〜 PS. 〜

 

最近の日本は、働き方改革だの一億総活躍社会だのきれいな言葉を並べて国民を動かそうとしています。

 

現政権の目玉でもあるの3本の矢『働き方改革』『一億総活躍社会』『全世代型社会保障改革』と名付けてとんでもない事を行おうとしています。

 

 

 

この言葉を聞いただけでは、『なんか国民のために考えてくれてて良くなりそうだな?』と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、『生涯現役社会の実現に向けた雇用・社会保障の一体改革』これが本当の狙いです。

 

 

 

 

簡単に言うと、『動ける間はいつまでも働きなさい。』『企業は高齢者の働く場を提供しなさい。』『それによって年金の受給開始を遅らせて年金財政を改善します。』

 

というわけです。

 

 

 

 

高齢者も生き生きと活躍できる社会を目指そう!

 

なんて言ってしまえば、すごく聞こえがいいですよね?

 

 

 

 

そうではありません。

 

これからは年金など当てにせず自分で何とかして生きていきなさい。

 

という風にとらえていた方が、将来痛い目に合いません。

 

 

 

 

でもこれが近い将来、日本が目指しているところなんです。

 

私たちが老後を迎える頃に年金がどうなっているかは、おおよその想像ができますよね?

 

 

 

 

だからこそ、今のうちに自分でしっかり準備を始めておかなければ、本当に『老後破産』という辛い未来が待っている可能性が高いのですね。

 

 

 

今から準備を始めて豊かで自由な老後を迎えるのか、老後破産という悲しい結末を迎えるのかは、あなたが今どう行動するか次第で決まります。

 

 

 

本日も最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

そろそろ会社を辞めるために準備を始めたいと真剣に考えているあなたに、私がこれまで実践してきたアフィリエイトのノウハウを、10日間のメルマガ講座という形で無料プレゼント致します。

 

 

 

 

『なぜそんな大事なものを無料でプレゼントするの?』と思われたかもしれませんが、私自身もアフィリエイトを始てすぐに多くの壁にぶつかりました。

 

 

 

そんな時、師匠との出会いがあり、多くのノウハウを学べた事で、今でもこのアフィリエイトの世界にいることができていると感謝しています。

 

そして、今度は私がアフィリエイトを真剣に学びたい人の役に立てる立場になりたいと思っているからです。

 

 

 

 

このメルマガ講座にはかなり有益な情報を詰め込んでいますので、いつまで無料で提供できるかは正直分かりません。

 

 

 

興味がおありでしたら早目に受講され、1日も早く成果を出されます事を心から願っています!

 

 

 

10日間で身に付く無料メルマガ講座のご購読はこちらです≫

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
無料メルマガ講座

アフィリエイトで稼げる力が10日間で身につくメール講座!

あきらのアフィリエイト講座

メール講座とプレゼントを受け取るアドレレスをご入力ください

「苗字」と「メールアドレス」のご入力のみで登録できます。 ※ご入力頂いた情報は厳正に管理し外部への売却、共有、貸出し等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報を配布しますので、日頃お使いになられているメールアドレスをご登録ください。 メルマガが不要と思われたら1クリックで解除できます。
トップへ戻る