人生に満足できていなければその原因を突き詰めよう

 

自由に生きる権利

 

日本で生まれ育った私たちは、生まれながらに自由な人生を送れる権利を持って生まれてきているはずです。

 

 

 

しかし、いつの頃からかそれぞれの人生が大きく変わり、人によっては豊かで自由な人生を送る人もいる中、多くの人は仕事に人生を埋め尽くされて生きているのが現実です。

 

 

 

生まれた家庭が裕福だったり、貧乏だったりなどの違いはあるものの、世の成功者がすべて裕福な家庭に生まれた訳ではありません。

 

 

 

では人によって歩む人生が大きく違う原因はいったいどこにあるのかを探ってみましょう。

 

 

親や学校から植え付けられた常識

 

学校で教わった常識

 

ご存知の通り、日本には義務教育があり親は子どもを中学校までは学校に行かせる義務があります。

 

 

 

その後、高校や大学などへ進学したり、就職したりなど人それぞれ進む道が違ってきます。

 

 

 

この義務教育の間に、大人になってからの常識を親や学校から植え付けられます。

 

 

 

近頃は幼稚園や小学校へ入る段階から受験を経験する子どもたちもいるようですが、日本の学校では以前からほとんどの場合、義務教育が終わる高校、大学(専門学校)などへ受験するケースが当り前のようにおこなわれてきました。

 

 

 

もちろん私もそうやって学生時代を過ごしてきました。

 

 

 

しかし、まずここに『親や学校から植え付けられた常識』が存在するのです。

 

 

 

学校や親からは『勉強しなさい。勉強しないと良い学校へは行けないぞ。』『良い学校に行かないと良い会社に入れないぞ。』などと毎日のように言われ、いつの間にか自分でもそれが正しいことだと信じ込み、疑う気持ちなどまったく無くなっていました。

 

 

 

でも本当にそれで、多くの人が豊かで満足できる人生を送れているのでしょうか?

 

 

 

もちろん自分の目標を持って学校で学び、その後夢をかなえた人もいると思いますが、多くの人が学校へ行く目的を良い会社に入ることと決めているのではないでしょうか?

 

 

 

本来、社会人になってからどう生きるかが自分の人生を大きく左右するはずなのに、いつの間にか良い会社に入ることが人生のゴールと錯覚している人がいます。

 

 

 

なぜなら、せっかく入社したのにたった数ヶ月で『こんなはずじゃなかった』と自分が想像していた会社とのギャップに耐えられなくなり退職する人が少なくないからです。

 

 

 

仮にその時期は乗り切れてもサラリーマンを10年、20年と続けているうちに『自分の人生はこのまま終わってもいいのか?』『自分はこんな人生を送るために生まれてきたわけじゃないはずだ』などと考えるようになり、何とかして自分の人生を取り戻したいと考えるようになります。

 

 

 

すべての人が考えるわけではありませんが、そろそろ子育てを終える時期が近づくと、自分の人生感を考える人が多くなるようです。

 

 

 

結局、これらは自分が望んでいた生き方ではなく、他人の価値観を押し付けられて生きてきた結末ではないでしょうか?

 

 

 

この他人から押し付けられた常識から抜け出すには、今の自分が本当に望んでいた生き方をしているのか時間をかけてじっくり振り返ってみることです。

 

 

 

自分の人生を振り返ることにはじっくり時間をかける価値があります。

 

 

 

たった1度しかない貴重な人生ですから、他人にあれこれ言われるなど苦痛でしかありません。

 

 

 

本当に今の人生で満足できるのか、このまま人生が終わっても後悔しないのか考えることから人生が変わるはずです。

 

 

 

自分の人生を振り返ってみるための質問を少し挙げておきます。

 

 

1.自分は親や学校に言われるがままの人生を送っていないか?

 

2.親を喜ばせるための進路を歩んできていないか?

 

3.みんなと同じ(似た)生き方に安心感を抱いていないか?

 

4.人と違うことをすると嫌われると思っていないか?

 

5.新たな挑戦を恐れていないか?

 

6.自分がうまくいかないのを他人のせいにしていないか?

 

7.今の生活に満足しているか?

 

8.今の収入で豊かな暮らしが(満足)できているか?

 

9.今の暮らしで家族を幸せにできるか?

 

10.この先も地道に今の仕事を頑張っていれば自由な生活が手に入るのか?

 

11.本当は会社勤めなど辞めて自由な暮らしをしたくないか?

 

12.自由な人生を手に入れるための知識や能力が欲しくないか?

 

 

例えばこんなことを、一番くつろげる場所で時間をかけて自分に問いかけてみてください。

 

 

これまでの人生を振り返ることで、あなたが人生の再出発をするおおきなきっかけになることあると思います。

 

 

安定した仕事っていったいなに?

 

安定した仕事って何?

 

私の親たちの世代は、『子どもを安定した仕事に就かせると幸せになれる』と口癖のように言っていました。

 

 

 

ところで安定した仕事ってどんな職業だろうと考えたことありますか?

 

 

 

当時言われていた職業の1が公務員でした。

 

『公務員は安定している。公務員になれば一生安泰だ』と言われ続けていました。

 

 

 

私の場合は親の期待を見事に裏切ってしまいましたが...

 

 

 

いずれにしても、公務員や大手企業というのが世間一般の常識で通ている安定した仕事ではないでしょうか?

 

 

 

私にも公務員や某大手家電メーカーに就職した友人がいます。

 

 

 

当時の友人を振り返ると、公務員になりたての頃は完全に『人生の勝ち組になった』くらいの勢いでした。

 

 

 

自分の人生は一生安泰で、豊かで幸せな人生を送ることができると確信していたようでした。

 

 

 

しかし、結婚して子どもが生まれ、その子どもたちが高校や大学へと進学するにつれて愚痴を聞く機会が徐々に増えていったのです。

 

 

 

『公務員になったけど子どもの学費が払えないから借金しているよ』『公務員は高い給料をもらっていると思われているけど、実際には大したことないよ』『異動の事例が出れば、やったこともない仕事をしなければいけない』などと嘆きのような愚痴を聞くこともあります。

 

 

 

また、大手家電メーカーに就職した友人は、当時すごく給料が高いと自慢していましたが、わずか数年で人間関係に悩み仕事を辞めたと聞きました。

 

 

 

その後は連絡すら取れない状態なので、どこで何をしているか分からなくなっています。

 

 

 

 

豊かで幸せな人生の切符を手に入れたはずの友人が、どうしてそういうことになってしまったのか?

 

 

 

理由はごく当たり前のことでした

 

・毎朝目覚ましの爆音で叩き起こされる、慌てて出勤の準備をしなければならない。

 

・満員電車やラッシュに巻き込まれて毎朝イライラしながら通勤しなければならない。

 

・会社に着けば、上司から訳の分からない理不尽なことを押し付けられる。

 

・嫌いな同僚や取引先に気を遣わなければならない。

 

・ほぼ毎日遅くまで仕事をしなければならないので奥さんや子どもとの会話もない状態。

 

・子どもの学費を払うために借金をしているので家計は火の車。

 

・昇給はあっても家計費の上昇についていけないほどのわずかな額しかない。

 

・職場の命令で、いきなり言ったこともない所へ転勤になったり、やったこともない仕事をしなければならない。

 

 

このような理由でした。

 

 

 

それでも公務員をしている友人から出た言葉は『今更ほかのことはできないもんな』でした。

 

 

 

公務員になりたての勢いは完全に鳴りを潜めてしまいました。

 

 

 

私たちが親や学校から教わってきた『良い学校を出て、安定した仕事に就きなさい』は、自分の人生の多くを仕事で埋め尽くし、毎月決められた日に子どもの学費も借金しないと払えないくらいの額を給料としてもらうことだったのです。

 

 

 

それでも今の生き方が一番正しいと思い込んでいる友人に同情すらしてしまいました。

 

 

 

給料をもらうために、自分の時間を切り売りして、言いたい事や考えも押し殺してしまわなければならない生き方。

 

 

私たちはその生き方を親や学校から学んできたのです。

 

 

 

しかし国は、このようにまじめに働いてくれるサラリーマンがいなくなると税金や社会保険料を給料から自動的に徴収できなくなるので、この教育をやめる気はないと思います。

 

 

 

安定した仕事など存在しない

 

安定した仕事などない

 

世の中で安定した仕事をしている人が、もしも次のような状況になったとしても安定してると言えるでしょうか?

 

・業績の悪化によりリストラの対象になって仕事を失ってしまう。

 

・会社が倒産してしまう。

 

・職場の人現関係に耐えられなくなり、仕事に行けなくなる。

 

・大きな病気をして仕事に行けなくなる。

 

・交通事故やケガで仕事をやめざるを得なくなる。

 

こんな状況になった時に、収入が毎月の給料だけでは安定した生活は送れなくなりますよね?

 

 

 

これは単なる想像の世界ではなく、誰にでも起こりうる現実なのです。

 

 

 

一昔前と違って、終身雇用の時代ではなくなってきました。

 

 

 

それは、いつ仕事を職を失うか分からない状況になってきたことを意味します。

 

 

 

働く側も転職しやすくなった反面、会社は使いものにならなくなった人材を簡単に切り捨てられる時代になってきたのです。

 

 

 

そうなった時に毎月の給料だけが唯一の収入手段だとしたら来月から家族を路頭に迷わせることにもなり兼ねませんよね?

 

 

 

安定した仕事がない以上自分で備えるしかない

 

アフィリエイトで備える

 

会社や職場からの給料だけで生活しているとしたら、ある日突然、何らかの原因でその給料がもらえなくなってしまうと日々の生活すらできなくなってしまいます。

 

 

 

そうならないためにも日頃から少しづつでも準備を始めるべきだと思います。

 

 

 

どんな準備をするの?

 

と言われているのが聞こえてきそうですが、

 

 

 

自分で稼ぐ力を身に付けることです。

 

 

 

自分で稼ぐと言っても、誰にも体は1つしかありませんので、働ける時間は限られていますよね。

 

 

 

1日は24時間しかない中で、睡眠時間や食事をとる時間は誰だって必要ですよね!

 

 

 

毎日会社にこき使われて、くたくたになるまで仕事をした後に、また別の職場でアルバイトをしましょうなどと言われても、よほどの事情がない限りなかなかできることではありません。

 

 

 

私の言う『自分で稼ぐ』とは、自宅でできるビジネスを構築しましょうということです。

 

 

 

自宅にネット回線とパソコンがあればできるビジネス『アフィリエイトビジネス』です。

 

 

 

世の中には同じような理由や会社をリストラされたり事業に失敗したなど、やらざるを得ない状況でアフィリエイトを始めた人が沢山います。

 

 

 

そんな事情でアフィリエイトを始めたにもかかわらず、わずか1日でサラリーマンの月収くらい稼げるようになって完全に独立した人もいます。

 

 

 

アフィリエイトの魅力は稼げるだけではありません。

 

 

 

収入を得るための仕組みを自動化できるところに最大の魅力があります。

 

 

 

収入を自動化できるとどうなりますか?

 

 

 

ほかのことに時間を使えますよね!

 

 

 

別のビジネスを立ち上げることもできますし、大切な人とあちこち旅行することもできます。

 

 

 

今までなかなかできなかった趣味に没頭することだってできます。

 

 

 

それってもともとあなたが送りたかった自由な生活ではありませんか?

 

 

 

最初にお話しましたように、人は誰でも自由に生きる権利を持って生まれてきます。

 

 

 

いつの間にか失った自由に生きる権利を取り戻したくないですか?

 

 

 

もちろんそれは簡単なこととは言いません。

 

 

 

そこまで作り上げるには努力と忍耐が必要です。

 

 

 

それでも、そこを乗り越えた先には自由で豊かな人生が待っていることは紛れもない事実です。

 

 

 

私は、圧倒的に自由で豊かな人生を一緒に築く仲間作りをしたいと考え『アフィリエイトで稼げるようになるための無料メール講座』をおこなっています。

 

 

 

なぜ無料でアフィリエイトのノウハウをお伝えするのかと言いますと、先ほど『アフィリエイトで自由になるための仕組作りには努力と忍耐が必要です』というお話をしました。

 

 

 

時には私自身の心が折れそうになる事もありますので、そんなときに一番心の支えになってもらえるのが、同じところを目指す仲間がいてくれることだからです。

 

 

 

自分の人生も変えてみたいと思われるあなたは、メール講座を読んでみませんか?

 

 

自分で稼げる力が10日間で身につく無料メール講座

 

今メール講座に登録された方へは、電子書籍『アフィリエイトスタートアップマニュアル』を無料でプレゼントしています!

 

 

 

かなり有益な情報を詰め込んだメール講座なので、いつまで無料で提供できるか分かりません。

 

興味がおありでしたらお早めにどうぞ。

無料メルマガ講座

アフィリエイトで稼げる力が10日間で身につくメール講座!

あきらのアフィリエイト講座

メール講座とプレゼントを受け取るアドレレスをご入力ください

「苗字」と「メールアドレス」のご入力のみで登録できます。 ※ご入力頂いた情報は厳正に管理し外部への売却、共有、貸出し等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報を配布しますので、日頃お使いになられているメールアドレスをご登録ください。 メルマガが不要と思われたら1クリックで解除できます。
トップへ戻る