日本人の平均寿命は過去最高を更新したという発表があり、男性81.09歳、女性は87.26歳ということで、世界的に見ても女性のランキングは香港に次いで第2位、男性は香港、スイスに次いで第3位となっているようです。

 

 

 

現在あなたが20代や30代であれば老後の不安と言ってもおそらくピンとこないでしょうが、40代後半や50代ともなれば少しずつ老後の不安を感じ始めているのではないでしょうか?

 

老後の不安

 

日本人の平均寿命は今後ますます伸びると言われていて、内閣府から公表される高齢社会白書によると『今後、男女とも平均寿命は延びて、平成77(2065)年には、男性84.95 年、女性91.35 年となり、女
性は90年を超えると見込まれている』との予想が発表されました。

 

 

 

最近では、人生100年時代とも言われ始めましたが、老後の生活費に多くの人が不安を抱き 『長生きリスク』なる言葉まで出てきました。

 

 

 

老後の生活費に不安があるとはいえ、子どもたちに頼れる状況ではありませんよね?

 

 

 

私たちが老後の生活を送る頃は、子どもたちの子ども(孫)たちの多くは高校生や大学生で教育費の中でも1番お金がかかる時期でもあります。

 

 

 

本来、自分の生活費や貯金に余裕があれば、孫の学費などを手伝わなければならない時に、自分の生活費の援助をしてほしいなんて、よほどの事がない限り言えませんよね。

 

 

 

まだ先の事と思っていても、確実に老後はやってきます。

 

 

 

そこでいずれやってくる老後のために、できるだけ若いうちから準備を始めておくことで、将来は生活費などで悩む必要はなく、逆に自由な老後を楽しむことができると思うのですがいかがでしょうか?

 

 

老後は『今』次第で変えられる

老後の不安解消

 

最近『退職した後の夫婦が95歳まで年金だけで生活するには2000万円足りない』という金融庁の報告をめぐり、大きな話題となっています。

 

 

 

しかし自分の老後の生活費がいくら必要で、年金だけではいくら足りないかなんて人それぞれ違いますよね。

 

 

 

それまで暮らしてきた生活水準にもよるでしょうし、どういった楽しみを持つかでも必要なお金は違ってきます。

 

 

 

1つだけはっきりしているのは、年金だけでは足りないお金は自分で何とかしないといけないという事です。

 

年金や退職金が当てにできなくなる

年金

 

多くの人は年金だけでは老後の生活が成り立たないのは何となく分かっていると思いますが、それでも生活費の一部をまかなえるならと当てにしていますよね?

 

 

 

しかし、今後はますます少子高齢化が進むと言われており、年金財政は悪化する一方で受給年齢が引き上げられたり、年金額が減額される可能性は充分考えられる事です。

 

 

 

サラリーマンの人は、定年後の生活費に退職金を当てにされている人も多いと思いますが、退職金は減っているのが現実です。

 

 

 

厚労省の調べでは、2003年から2013年までの10年間で平均500万円以上も減っているそうで、中には退職金制度自体を廃止している会社もあるようです。

 

 

 

あなたの会社はいかがですか?

 

 

 

このように、これまでは退職金や年金があれば、老後は好きな事を楽しみながら過ごせた時代でしたが、これから先はそうはいかなくなりそうですね。

 

老後の不安を消すには今すぐ行動を起こしましょう

 

 

では老後にお金の不安を抱えないためにどんな準備を始めればいいのでしょうか?

 

 

いくつか考えてみましょう。

 

・定年まで生活を切り詰めて貯金をする。

 

・定年後も体が動く限り働き続ける。

 

・不動産投資で家賃収入を得る。

 

・株や投資信託に投資をして運用益を得る。

 

・ネット環境とパソコン1台でできるビジネスを始める。

 

定年まで生活を切り詰めて貯金をする

生活を切り詰める

 

ごく一般的に言われている方法ですが、生活を切り詰めて貯金したとしてどれくらい貯められるのでしょうか?

 

 

例えば、現在45歳だとして65歳までに老後の生活資金を3000万円貯めようと目標を立てたとします。

 

 

すると計算ではこうなります。

 

 

65歳-45歳=20年

 

 

3000万円÷20年=150万円(年)

 

 

150万円÷12か月=125,000円(月)

 

 

45歳から65歳までの20年間毎月125,000円もの貯金が必要になります。

 

 

さきほどもお伝えしましたが、45歳といえば子どもの学費などで一番出費が多い時期ですよね。

 

 

その時期に毎月125,000円貯金するとなれば、どれだけ節約しなければならないでしょうか?

 

 

それこそ食べる物も着る物も『我慢、我慢』の連続ではないでしょうか。

 

 

そんな我慢の連続では精神衛生上よくないですよね?

 

定年後も体力が続く限り働き続ける

働き続ける

 

仮に老後に必要な生活費の半分を貯金でまかなえたとしても、残り半分は自力で補わなければなりませんが他に収入源が無ければ、65歳を過ぎて動けなくなるまで毎月働き続けるしか方法はありませんね。

 

 

それが仮に10万円だとして、1日5時間勤務で時給1000円の職場が見付かったとしても、1ヶ月の内20日間は働かなくてはなりません。平日はほぼまいにちですよね…
※手取額で計算するともう少し増える可能性は高いですね。

 

 

しかも自分よりもはるかに若い人からアゴで使われなければならないんです。

 

 

定年後には色んな夢があると思います。

 

 

・夫婦で世界中を旅行したい。

 

・毎日テニスで楽しみたい。

 

・週に3日、4日は釣りを楽しみたい。

 

・のんびり温泉に浸かりたい。

 

・家庭菜園を楽しみたい。

 

 

今まで現役として40年以上も理不尽なサラリーマンを頑張ってきたのですから、引退後は自由な暮らしを満喫したいと思うのは当然の話しですよね。

 

 

 

でも、退職後も働き続けなければならない状況では、自由で楽しい老後をおくる夢は、夢としいて消えてしまいます。

 

不動産投資で家賃収入を得る

不動産収入

 

不動産収入は不労所得の一種と考えられます。

 

 

 

マンションなどの不動産を所有して賃貸すれば、毎月の家賃が収入として入ってくるからです。

 

 

 

管理などを不動産会社に委託しておけばまさに不労所得が得られます。

 

 

 

これは老後の生活費不足の足しになりそうですよね!

 

 

 

でも、ちょっと待ってください。

 

 

当然ではありますが、マンションなどの不動産を所有するにはまず初期投資が必要です。

 

 

 

しかも1部屋数百万円~数千万円の物件がほとんどで、サラリーマンが所有するにはたいてい住宅ローンなどを借りて所有することになります。

 

 

 

通常は賃貸する家賃収入で住宅ローンを返済していきますので、返済が終わるまではほとんど手元に残らない状態です。

 

 

 

それでも定年までにローンの返済が終われば、税金や管理費、保険などの必要経費を引いた残りが老後の不労所得として入ってくることになります。

 

 

問題はローンを払い終えるまでの期間です。

 

 

 

最近の賃貸市場は競争が激しくなっているそうで、賃貸に出しても入り手が見付からないケースも少なくないようです。

 

 

 

借り手が見付からない場合にはどうやってローンを返済するのか?

 

 

 

毎月の生活費から捻出するしかありませんね。

 

 

 

これではせっかく不動産投資で購入したマンションを定年前に手放さなくてはならない可能性も出てきます。

 

 

 

しかも購入した金額とは大きくかけ離れた金額でです。

 

 

 

マンションなどの不動産投資を否定するわけではありませんが、投資資金をすべて借金でまかなうのはとてもリスクが高いので、充分考えて始められることをおすすめします。

 

 

株や投資信託に投資をして運用益を得る。

金融投資

 

金融商品には株式投資、投資信託、FX、仮想通貨、保険などがあります。

 

 

 

 

保険はそれで大きく稼ぐことはできないので、ここでは除外します。

 

 

 

 

株式取引には、空売りや信用取引など少し複雑な取引方法がありますが、ここでは簡単なお話しをさせてもらいます。

 

 

 

株の売買を簡単に説明すると、安い時に買って高い時に売れば、その差額から証券会社の手数料を差し引いた残りが利益になりますし、その会社の決算時期に株を保有していれば配当金も受け取ることができるので、個人で株式取引をして大きく利益を上げている人は沢山いますし、それだけで生活している人もいます。

 

 

 

しかし、初心者が株式投資で利益を上げて生活費を稼ぐのはかなり難しく、それどころか株価の変動により大損するリスクが大きいのも確かです。

 

 

 

株価が上がってきたから慌てて買ったけど、買った途端に下がり続けて大損失を被ったという話しは珍しくありません。

 

 

 

 

FXや仮想通貨も同じようなリスクがあり、相場の上がり下がりによって大きく利益を上げたり、逆に大きな損失を出してしまう事があります。

 

 

 

FXの場合は更にレバレッジ効果と言われる『少ない資金で大きな金額を取引できる』制度もありますが、これを利用する事で利益も損失も通常の何倍にもなりますので、初心者はあまり手を出さない方が賢明です。

 

 

 

以上の事から、金融商品への投資は、余剰資金で始めないと生活費に蓄えていた貯金まで無くなるリスクを秘めていますので気を付けないといけません。

 

 

 

投資信託は、投資家から託された資金をファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが投資家に代わり運用してくれる金融商品で、投資家の代わりに投資先を選んでくれるので、株式投資やFXなどに比べると比較的リスクが軽減されますが、相場の変動によっては元金割れするリスクもあります。

 

 

 

このように金融商品への投資は、大きく稼げる可能性は充分ありますが、逆に大損する危険性も高いので、その性質や仕組み、世の中の経済状況などをしっかり見極めて行う必要があります。

 

 

 

初心者が老後の生活費稼ぎに始めるにはハードルが高いと言えますし、不労所得という意味でも相場の変動を注意深く観察する必要があり、場合によってはパソコンの前から離れられないという事態も想定されます。

 

 

もしこれから金融商品への投資を始めて老後資金を稼ごうと考えているならば、そういった点を充分考えて始められることをおすすめします。

 

ネット環境とパソコン1台でできるビジネスを始める

アフィリエイト

 

ネット環境とパソコン1台でできるビジネス、すなわちアフィリエイトビジネスです。

 

 

 

アフィリエイトは『提携』という意味があり、商品を販売したい立場とブログやメルマガでその商品を紹介する人が提携するビジネスで、紹介した人のブログやメルマガからその商品が売れると販売者から報酬が支払われる仕組みです。

 

 

 

アフィリエイトって何という方は先に目を通してください。
アフィリエイト講座 【入門編】

 

 

 

アフィリエイトと聞くだけで『難しそうだな』『怪しそうだな』と思う人がいるかもしれませんが、アフィリエイトはアマゾンや楽天などでも行われているビジネスで、おすすめの商品を紹介するという意味では日常的に行われているビジネスと大きな違いはありません。

 

 

 

自ら運営するネットショップにも似ていますが、最大の違いは商品仕入れも在庫の必要もありませんし、発送業務もないことです。

 

 

 

また、開業資金などの初期投資も2~3万円程度で済みますし、学歴や職歴や人脈も必要なく、誰でも始めることができます。

 

 

ネット環境とパソコンさえあれば、自宅や好きな場所で仕事ができますし、自分1人でできるビジネスなので他人の干渉を受けることもありません。

 

 

 

ネット環境とパソコンが1台あれば世界中の何処にいてもお金を稼ぐことができるなんてすばらしいビジネスではありませんか?

 

 

 

アフィリエイトは自らのブログに記事を書いておこなううビジネスで、一度書いたブログはよほどの事情がない限りネット上に残り続けます。

 

 

 

つまりブログに記事を書いてネット上にアップすると、半永久的に仕事をしてくれる資産を持つということになります。

 

 

 

ネット上に不労所得の仕組みを構築すれば、旅行中であろうと食事中だろうと、遊んでいる最中でもその仕組みが自分に代わってお金を生んでくれますので、老後を精一杯楽しみながら収入を得れるわけです。

 

 

 

ここまでの話しでは、アフィリエイトはいい事づくめのようですが、もちろんブログを開設した当日から稼げるような甘い世界ではありません。

 

 

 

ここからはアフィリエイトについてのデメリットをお伝えします。

 

 

 

ネット上に不労所得の仕組みを作って老後の不安を解消するんだと意気込んで始めたとしても、その95%ほどの人がほとんど稼げないまま挫折して辞めていくんです。

 

 

 

ただ闇雲にコツコツと作業を進めてもなかなか成果を出せないのが現状です。

 

 

 

アフィリエイトを成功させるためには正しい知識を身に付けて記事を書く作業をコツコツ継続する必要があります。

 

 

 

しかし、成果が出始めるまでに半年や1年の期間がかかりますので、心が折れてしまうのも理解できます。

 

 

アフィリエイトは1人でできるので誰にも干渉されない自由なビジネスではありますが、それこそが挫折しやすいビジネスでもあるのです。

 

 

 

1人で始めたビジネスであれば、やめる時も誰にも知られずにやめて元の生活に戻ればいいわけですからね。

 

 

 

ここまでデメリットをお伝えしてきましたが、アフィリエイトで稼げる仕組みを作ってしまえば自由で豊かな老後を送れることは間違いありません。

 

 

 

このアフィリエイトビジネスを最短で成功させるには、正しいノウハウをできるだけ早く身に付ける方が断然有利です。

 

 

 

ただ、そのために高額な費用をかける必要はないと考えていますので、私がこれまで実践してきたアフィリエイトのノウハウを、10日間のメルマガ講座で公開しています。

 

 

 

このメルマガ講座にはかなり有益な情報を詰め込んでいますので、いつまで無料で提供できるか分かりません。

 

 

 

 

興味がおありでしたら早目に受講されます事をおすすめします!

 

 

 

10日で身に着く無料アフィリエイト講座

 

 

 

最後になりますが、あなたが正しい知識を身に付けられて自由で豊かな老後を迎えられます事を心より願っております。