Akiraのプロフィール

わたしは昭和40年代に九州の田舎で自営業をしている両親のもとに生を受けました。

 

 

昭和40年代といえば、高度経済成長後期の「いざなぎ景気」の時期で、日本製がどんどん海外に輸出され始めた頃です。

 

 

その他にも

 

・昭和45年に大阪万国博覧会の開催

 

・昭和48年のオイルショック

 

・昭和47年日本赤軍「浅間山荘事件」

 

 

などがありましたが、私はまだ小さかったのでほとんど記憶がありません。

 

 

 

また、カラーテレビが普及し始めたのもこの頃です。

 

 

小学生の頃、我が家にもカラーテレビが届いた記憶があります。

 

 

 

幼少期

こんにちは、Akiraです。

 

 

父親が厳しかったせいか、怒られないようにいつも父親の顔色を見て「気の利いた良い子」になろうと必死でした。

 

 

父のやっていた仕事は力仕事が多かったのですが、体の小さい母も一生懸命仕事をこなしていました。

 

 

 

ある日父が飲み会に出かけている時、母が一人で仕事をしていて足を滑らせ転倒してしまいました。

 

 

 

それが原因で手術しなければならなくなり、長期入院することになりました。

 

 

 

わたしは小学生でしたが、子ども心に母の代わりに手伝いをしなければならないと思い、毎日学校に行く前と、帰った後も手伝いをしていました。

 

 

 

父の仕事は、朝早くから夜まで働き詰めでした。

 

 

 

小学生のわたしは、朝5時頃から仕事に取りかかり、7時頃になると学校へ行くための準備を済ませて登校し、学校が終わると一目散に家に帰りまた父の手伝いをする毎日でした。

 

 

 

まわりの同級生たちは、毎日野球などをして遊んでいたので、うらやましかったのを覚えています。

 

 

そんな生活だったので、疲れてしまい宿題もせずに寝てしまう日も多く、先生からずいぶん叱られた記憶があります。

 

 

 

そんな幼少期だったせいか、周りの人からは「感心な子だ」と言われていました。

 

 

 

そんな父の仕事も順風満帆ではなく、かなり大きな借金をして事業拡大を図ろうとしましたが、共同運営ということもあり、うまくいかず結局は断念することになりました。

 

 

 

そのあとに残ったのは、大きな借金だけ。

 

 

その頃から辛抱の生活が始まり、わたしも子どもながらに新聞配達をしていた時期もありました。

 

 

 

高校生になると、小中学校時代の反動からか本当によく遊び、ヤンチャもしていました。

 

 

 

わたしが生まれた昭和40年代は、ヤンキー世代やビーバップ世代と言われていまして、日本全国にヤンキーがいた時代でした。

 

 

 

今思い返すと、その頃は毎日が楽しければそれでよく、将来のことどころか社会人になる自覚もなく、仕事のこともまったく考えていませんでした。

 

 

 

高校3年生にもなると進路の話しが出てきますが、まだ仕事をしたくないという理由だけで、両親に進学したいと言い出しました。

 

 

わたしの希望は理系の大学に行きたいと言ったのですが、学費も高く「そんな余裕はない」と即答で却下されてしまいました。

 

 

仕方ないので、なるべく費用のかからない学校を探しまくり、ついに短大を探し当てました。

 

 

そもそも進学に対する動機が不純でしたので、勉強などするはずがなく、ラジオで仕入れたパチンコ店の新台入れ替え情報をもとに、夕方の開店に早朝から並ぶ日々を送っていました。

 

 

パチンコが終わると、そのまま打ち上げと称して飲み歩くという生活を送り、とうとう就職先も決まらないまま卒業を迎えました。

 

社会人になって

 

当然ですが、周囲の友だちは仕事をしていますので、みんな格段にお金を持っていると実感したのを覚えています。

 

 

このままではいけない、自分も何とかしなければ・・・

 

 

 

そんな焦りの中、親戚から「公務員試験を受けないか」や「大手の会社に入れてもらうように頼んでみようか」など今ではとても考えられない「コネ」の話しが舞い込んできたのです。

 

 

 

わたしは、世間知らずのいきがり若僧だったので、「人の力を借り無くてもいい」とあっさり断ってしまい、建築関係の仕事に就きました。

 

 

 

職人の世界なので、親方に弟子入りして雑用係からのスタートでした。

 

 

 

建築現場の仕事ですから、男ばかりのむさ苦しい職場でしたが、親方は厳しいながらも丁寧に指導してくれました。

 

 

その頃には早く仕事を覚えて、「とにかく一日も早く一人前になって独立しよう」と少し大人の考えを持つようになっていました。

 

 

ところが・・・・

 

ある改築の現場で、元請けの現場監督と大喧嘩してしましました。

 

 

いきがっていた頃だったので、その監督が発したひと言に反応してケンカしてしまいました。

 

 

結局、それが原因で仕事を辞めてしましい、家業を手伝うことにしました。

 

 

子どもの頃は、何となく父親の後継ぎだろうなと思っていましたが、実際にやってみると親子げんかが絶えず、仕事もおもしろくなくなり勝手にアルバイトに行くこともありました。

 

 

 

23歳の時、家業は続けながら自分の仕事もやりたいと思い、思い切って父親に話をしてみると、「元手の少ないことから始めるなら」という条件で受け入れてくれたのです。

 

 

 

私が始めた事業もある程度目途が付いてきたので、思い切って数千万円の借金をして事業拡大し、更に別の事業も展開しながら徐々に売り上げも伸ばしていくことができました。

 

 

数千万えんの借金も10年ほどで完済することができました。

 

 

 

しかし、そこから先の進展に悩み始めました...。

 

 

 

もう一度借金をして事業拡大を図るべきか、もしくは借金も返してしまったから、現状維持でいくのか、迷っていた矢先に、ある会社から誘いを受けました。

 

 

 

相当悩みましたが、ついに決断しました・・・

 

サラリーマン生活

 

結論としては、その会社に入社することを選びました。

 

 

もちろん、自分の仕事はきちんと清算し、得意先にも迷惑を掛けないように時間もかけました。

 

 

そこから私のサラリーマン生活が始まりました。

 

・毎日決まった時間に起きる。

 

・慌ただしく準備をして、ほぼ同じ時刻に家を出る。

 

・同じ道のりを通勤して、ほぼ同じ時刻に会社に着く。

 

・1日慌ただしく仕事をこなす。

 

・仕事が終わって家に帰るのは夜遅くなってから。

 

・帰ったからの楽しみは晩酌して寝ること。

 

 

それでも、ちゃんとした会社に勤めるのは初めてでしたし、最初からある程度の仕事は任せてもらっていたので、それなりにやりがいは感じていました。

 

 

それに加え、異例の昇進もしてもらいました。

 

 

自分で言うのもなんですが、昇進のたびにやりがいと責任感がどんどん強くなっていった気がします。

 

 

当然の事ながら、昇進していくと責任は重たくなります・・・

 

 

 

そんな生活を約20年も続け、時には精神的に追い詰められ、眠れぬ夜を過ごしたり人間関係に悩みながらも、会社に全身全霊を傾けて働いてきました。

 

 

 

もちろんそれなりの役職はつき、その都度給与は上がってきましたが、ある程度までいくと昇給も頭打ちです。

 

 

 

それでも、

 

子どもたちへの教育費は年々膨らむ一方で、家計費を何とかやりくりしながら毎月しのいでいました。

 

 

会社で昇格すると、金銭面や時間の自由が手に入ると信じていましたが、時には週末ですら仕事や接待で家を空け、家族との時間も取れないこともありました。

 

 

今思うと、自由とは大きくかけ離れた生活を送っていましたが、自分ではそれが当たり前と思っていたのです。

 

 

そんな生活を送りながら40代に入った頃、

 

『仕事を辞めた後の生活はどうなるのか?』

 

『一度しかない人生なのに、このまま一生を終えていいのか?』

 

 

など悶々とした日々を送るようになりました。

 

 

今の状況から何とか脱出したい。

 

 

そう考えるようになり、

 

・40代からの起業

 

・効率の良い副業

 

・不労所得のつくり方

 

などをネットで検索したり、本を買って読みあさっていました。

 

アフィリエイトとの出会い

 

「このまま人生を終わらせたくない」「人生の再出発をするなら今しかない」という思いで、今の仕事を続けながらできる副業や起業準備を模索しました。

 

●最近流行りの「Cafe」の経営。

 

●観光農園の経営

 

●ネット通販

 

●株への投資

 

●FXへの投資

 

●投資信託

 

●せどり

 

●アフィリエイター

 

こういった情報を集めては少しずつ絞り込んでいきました。

 

✖最近はやりの「Cafe」の経営。
(リアルな店舗を構えるには多額の資金が必要だし、経験もないので断念)

 

✖観光農園の経営
(こちらもかなりの資金が必要だし、果物の場合実が成るまでに数年かかるので断念)

 

✖ネット通販
(販売する商品を仕入れたり、発送したりの作業を考えると退職しないとできない)

 

✖せどり
(ネット通販と同じで、商品仕入れや、発送手間を考え断念)

 

△株への投資
(初心者が大儲けできる甘い世界ではないと判断し、勉強程度に取引中)

 

△FXへの投資
(こちらも初心者が大儲けできる甘い世界ではないと判断し、自動売買で取引中)

 

△投資信託
(ドルコスト平均法など長期運用型なので少額で運用中)

 

◎アフィリエイト

 

自分なりに考え、最適だと判断したのがアフィリトでした。

 

 

とはいえ、アフィリエイトなどやったこともなく、それどころかどんな仕組みかも知らないまま興味だけ持っていました。

 

 

 

何となくイメージしていたのは、自分のホームページを作り、そこに広告を貼ってお金を稼ぐくらいの認識でした。

 

 

 

パソコンの経験も、文章を作ったり表計算をする程度で、ネットビジネスの知識などまったくない状態でしたが、「キーボードを叩いて文章を作れたら何とかなる」ということを知り、思い切ってこの世界に飛び込みました。

 

 

 

アフィリエイトで『会社や組織に雇われず自分の力で稼いで自由を手にしたい。』と考えたのです。

 

 

 

その想いは日に日に強くなり、「このビジネスで稼ぎたい」という希望的観測から「何としてもこのビジネスで成功して圧倒的な自由を手に入れる」という強い決意に変わりました。

 

 

 

このまま定年を迎えるまで働いていれば、毎月の給料で何とか生活はできます。

 

 

しかし、今の生活から一日も早く抜け出すと決心しました。

 

 

アフィリエイトで手に入る未来は、

 

時間の自由

・目覚ましに起こされるのではなく、自然と目が覚めた時に起きる。

 

・人生から通勤がなくなり、気が向いたら仕事をして、気分が乗らない日は仕事はしない。 

 

・毎日眠たくなったら寝て、自然と目が覚めたら起きる。

 

・カレンダーやスケジュール帳など、人生を束縛するものと無縁になる。

 

・わざわざ高いお金を払ってゴールデンウィークや正月休みに長蛇の列に並ぶこともなく、平日にのんびり出かけられる。

 

・行きたいと思った瞬間から旅行に出掛けられる。

 

人間関係の自由

 

・嫌いな人に気を遣う必要などなく、本当に気のあう人とだけ付き合う。

 

・上司の顔色をうかがいながら生きるストレスが人生から消える。

 

・自分にとってマイナスな人と付き合う必要がなくなる。

 

・自分一人でビジネスができるので、マイペースでいられる。

 

・人間関係の悩みがなくなる。

 

・自分らしく正直に生きれる。

 

住む場所の自由

 

・パソコン1台とネット環境があれば世界中どこにいても仕事ができる。

 

・ネット環境さえ整っていれば世界中のどこにでも移住できる。

 

・通勤の必要が無いので好きな所に住める。

 

・目が覚めてから今日の職場を決められる。

 

経済的な自由

 

・欲しいと思ったら、値段を気にせず買える。

 

・お世話になった人や大切な人に恩返しができる。

 

・稼いだお金でさらに資産を増やしていける。

 

・毎月のお小遣い制から卒業できる。

 

 

このような圧倒的に自由な未来を手にすることができるのです。

 

 

 

ブログやメルマガが365日24時間稼いでくれるので、寝ている時も遊んでいる時も収入が発生し続け、会社や組織に雇われなくても、自分の力でお金を稼ぎだせるようになっていきます。

 

 

 

しかし、ネット社会には『誰でも簡単に100万円稼げます』とか『クリックするだけで数百万円稼げます』などの甘い言葉でたくみに誘導する詐欺的な商売をしている人がたくさんいます。

 

 

 

わたしが目指すアフィリエイトは、読者さんとの信頼関係を第一に、お互いが有益なWin-Winの関係を築いていくことです。

 

これから目指すところ

 

一度しかない人生で、やりたい事、買いたい物、行きたい場所があるにも関わらず、時間やお金に制約を受けて実現できないのは悲しすぎます。

 

 

人生100年時代と言われているなかで、社会人になって仕事をリタイアするまで45年ほどあります。

 

多くの場合、3分の1にあたる延べ15年分くらいを寝て過ごします(睡眠)。そして4分の1ほどの11年分以上は仕事をしています。

 

 

そして残りの19年分でプライベートな時間を過ごしています。

 

 

そして仕事を引退し、これから自由な時間を過ごそうと思っても国から支給される年金は減る一方で、自由な生活どころか生活していくこともままならない状態になってしまう。

 

 

将来、自分の人生を振り返って絶対に後悔したくありません。

 

 

 

そのためにもアフィリエイトで生活費の何倍もの収入を得て、一日も早くセミリタイアし、不自由な生活から抜け出せるようにがんばります。

 

 

国の制度に一喜一憂することなく、会社に雇われることもなく、世界中を旅してまわわれるような自由で幸せな人生を歩んでいきたいと思っています。

 

 

 

お金や時間にとらわれず、『大切な人と大切な時間を自由に過ごしていく。』

 

 

これが本来わたしたちが持って生まれた生き方だと信じています。

 

終わりに

 

わたしは会社を1日も早く辞めれるように頑張っています。

 

 

でも、それを人に話すとほとんどの人が、

 

『せっかく今のポジションがあるんだからもったいない。』

 

『今更辞めて何をするんだ。生活できなくなるぞ。』

 

 

などのアドバイスをくれます。

 

 

確かにその人たちの価値観からするとそれが正しいのかもしれません。

 

 

 

でも私が目指すところは、やっぱり『大切な人と自由に過ごす』ことです。

 

 

 

そのためにも自分の力でしっかり稼ぎ、国や会社に頼らず自由に生きていける仕組みを作り続けていますので、少しづつそこに近づいています。

 

 

 

そして、自由な暮らしを目指す仲間が1人でも多くできれば本当にうれしい事と思っています。

 

 

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。